スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年04月18日Fri [13:11] ホーンテイル戦  

リスクアセスメント

今日もホンテのディフェンシブ攻略です。
まだ行ったことがない人、経験の浅い人が少しでも攻略に近づければなと思います。

今回はよく見る事件現場特集です。
危険区域になるべく立ち入らないように、もし立ち入った場合はいかに対処すべきかをを知ることが必要です。

毎度SSがないのはキャプチャー→ラグ→死亡フラグのしょぼPCだからです<>
<首1,2>
熟練したPTでは、ここでの危険は少ないでしょう。
最も注意したいことは首に近い位置ではスキル遅延、消費遅延が発生します。
わかりやすく言うと、ボタンを押しても反応しません。
超接近することで若干反応が良くなりますが、危険を感じたら首からできるだけ離れましょう。
あとはスキル解除ですが、ワイバンが上にいかないようにするのが理想です。
首がオレンジの円を描くようなアクションが出たら下に降りて処理すれば被害は抑えられます。
ちなみに吹っ飛び→氷柱のダメコンボで死ぬようだと、本体では即死すると思います。

<本体>
本体の攻撃については、他サイトのほうが詳しいので探してみてください。
しかし、実際戦っている最中は今どの攻撃を受けているかなんてわかりません。
特に序盤は常にHP、MPが減っては回復し、そしてまた減るといった具合です。
さらにMP0にする攻撃は物理的に回避のしようがなさそうです。(MISSでは避けられます)
また、気絶や強制KB、ふっ飛ばしなど受けますのでしっぽが落ちるまでは自己回復中心で行なうべきです。
しっぽが落ちた後、DKならばスラッシャーでしっぽに攻撃を当てることは可能ですが、無理して死んでは意味がありません。
遠距離PTを信じて逃げ腰でいいでしょう。
攻撃したい場合のデッドラインは、今のところ本体中央のど真ん中と定めていますが、あともう少し前にでても大丈夫のような気もします。

さて、しっぽが落ちるとある程度余裕が出てきます。
腕、羽の間はビショップは下にいるほうがよいかもしれません。
下にいることでHP1MP1の落雷ポイントが見えますのでかわしながらヒールしていると、戦闘員への負荷が減ります。
そして安定してきたかな、と思ったころに来るのが集団誘惑。
誘惑中は自分では薬が使えませんし、ペットの回復も反応しません。
しかし、ある程度余裕があれば死亡率を減らすことが可能です。
誘惑については前回のおとりのところでも触れましたが、ビショップの反応が遅れることがあります。
それ以前に自分自身が誘惑にかかっていることに気がつくのが遅れると致命的です。
実戦からの経験では、落下したあとの動きに注目しておけば迅速な対応が可能かと思います。
実際に誘惑にかかった後は、どのタイミングでインテンションを使うかが重要なポイントです。
まずはビショップがついてきてくれているかの確認。
誘惑にかかった時点で最初の報告を行いますが、ついてきていない場合は再度どこにいるかを伝えましょう。
左にむかっているのか右にむかっているのか、それだけでも追いかける要素になります。
しかし、チャットより最優先すべきなのは敵の攻撃を見極めること。
ビショップがついてきていないと判断した場合、HPが8k以下(職によって即死しないHPをキープすること)になったら即座にインテンションを使ってください。
また、進行方向に落雷マークがある時もインテンションの使いどころです。

それでも誘惑は完全に防げるものでもありませんので、ここでリザを消費することが多いでしょう。
数名の死者が出ている場合はひとつのPTにまとめるのも手ですが、リザ残が多い場合は2次災害防止のためにもそのまま使ってもよいかと思います。

残る死亡要因はスキル解除になります。
誘惑では戦士が危険な状態になることが多いですが、逆にスキルカットはそれ以外の職にとって死活問題です。
黒ワイバンについては首同様、上につられる前に戦士でたたいておくことで被害が抑えられます。
中央頭からくるスキル解除はDKの手腕に左右されるところが大きいと思いますが、HBなしで即死するひとは待っているだけでは死にます。
たとえば素HPが5kだったとして、HBで8kになりますが、スキル解除→HBとなった時点では8k中5kしかHPがない状態なので次の攻撃で即死ダメを受けてしまいます。
ビショップはMGをするためヒールできませんので、自己回復が必要となります。
あと厄介なのが、落下していてPTと分散されているときです。
だれかが落下していることはミニマップでわかりますが、誰が落下しているのかはわかりません。
なので落下したことはPT員に伝えておくほうがよいでしょう。
DKが落ちている場合はHBをもらいに行くように、他職がおちているようならDKはまずHBをかけたのち、下の人にもかけに行くようにするとよいですが、落ちているひとが戦士の場合は追いかけず上に上ってくるのを待ちます。
魔や斬りも追いかけなくてよいかもですが意見をください。
優先すべきは弓→賊→魔→戦士です。

さて、長々と書きましたが、結局一番危険なのは誘惑とスキル解除です。
これはほとんどの場合自分一人ではどうにもなりません。
なのでPT員を信じて待つ。
そして各々が自分の意志を伝え、時には指示する。
こういう、自分だけじゃ生き残れない、個人が考えて動くPT戦こそ、ジャクムにはない面白さなのかもしれませんね。
指示されなきゃ動けないタイプはリストラ対象になっちゃいますy

スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。